個人事業主の方はビジネスローンの利用を検討

お金を借りたいと思っても、個人事業主の方ならばキャッシングはなかなか難しいものがあるかもしれません。しかし、普通のキャッシングだけではなく、ビジネスローンの利用を検討してみることをおすすめします。

 

個人でキャッシングをする場合、総量規制の関係で、年収の3分の1までしか借りることができません。年収300万円なら、100万円ぐらいまでしか借り入れることができないのです。しかし、個人事業主の場合、個人事業主向けのキャッシングである「ビジネスローン」を利用できることがあります。

 

ビジネスローンとは何か?

自営業を行っている方がキャッシングをしようと思うなら、ビジネスローンを使ってみることをおすすめします。特に中小企業などで会社を経営していたり、自営業を行っていたりする人に向けてのキャッシングがビジネスローンです。飲食店など、個人でお店を経営している人へ対しても貸付を行っています。

 

普通、小規模の個人店などは銀行から融資を受けて経営をするという形が一般的ですが、審査に厳しい銀行よりも、消費者金融のビジネスローンを使ってキャッシングをし、それを元手に経営をする人もいます。ビジネスローンは銀行より審査スピードが早いですし、即日で融資を行ってくれる場合がありますので、経営者にはとてもありがたいローンと言えます。

 

もしも当日中に融資されなくても、5日後ぐらいには必ずお金が振り込まれるため、先の見通しがつきやすいというのも大きな利点です。短期間の融資におり、資金繰りに関してなんとかなりやすく、困ったときの神頼み的存在としてはビジネスローンは最適なキャッシングと言えるかもしれません。

 

最初に「キャッシングよりビジネスローン」と書きましたが、なぜビジネスローンなのかという理由は「総量規制」にあります。ビジネスローンは貸金業法による総量規制とは関係無いので、年収に関係なくローンを組めるという点が嬉しいところです。個人事業主の方にとって、毎月の資金繰りは本当の生命線です。支払いや店舗運営に関してしっかりやっている人でも、毎月のお金には困っている人も多いのです。

 

そのため、ビジネスローンを利用して少しの間だけでも助けてもらいたいと考えている事業主の方は多いのです。きちんとしたお金の使い方を学び、事業者には事業者向けであるビジネスローンを使うということが、キャッシングを上手く使うコツです。「総量規制に引っかかったから借りられない」ではなく、総量規制対象外のビジネスローンの申し込みをするのが正解なのです。

 

  • 総量規制対象外のビジネスローンを利用することでキャッシングより資金繰りがうまくいく場合も!
  • 専門ローンがある場合がほとんどなので安心!
  • キャッシングよりビジネスローンのほうが低金利なケースがほとんどである!

 

まとめ

「お金を借りる=キャッシング」
こう考える人がほとんどだと思いますが、個人事業主向けにビジネスローンが用意されていることも忘れてはならないでしょう。ローンはただ現金を振り込んでもらうというだけのものではなく、人生のさまざまな出来事に対してのローンというのも組まれているのです。

 

カーローンやブライダルローンなどが最たるものでしょう。ですから、広い視野を持ち、キャッシング以外の方法で借りることができる「ライフプランローン」を探してみるのが一番の近道かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日