外国人がお金を借りる困難さ

外国人がお金を借りようとキャッシングを利用するのは、ハードルが高く困難です。しかし、近親者が日本在住であれば可能な場合もあり、保証人、担保などの準備をして借り入れる事を模索しましょう。ただし、借り入れの際には日本語での会話、筆記は必須になる事が多いです。

 

外国人でも日本国内に住んでいる場合には、キャッシングサービスでお金を借りる事は可能です。外国人がお金を借りる場合には、日本人とは異なり多くのハードルを乗り越えなければなりません。日本人のようなステップで審査通過と言うわけにいかないのも事実です。近年では、即日キャッシングが可能となっていますが、外国人は書類手続きや審査の過程で本国とのやり取りがあるために、即日はほぼ不可能となっています。

 

1日どころか、国によって違いがありますが、数日~一週間もの時間を要する場合があります。これだけの長期間の時間を使ってお金を借りる事が、メリットがあるのか?というと疑問が残りますが、とても大変な作業をしたうえで借り入れる事になります。日本で就労目的や観光で居住しているケースでは、キャッシング審査通過はないというのがほとんどと考えて良いです。

 

外国人の融資は保証人の設定、永住権の有無が影響する?

永住権を持っている外国人の場合は、審査通過は比較的簡単に通るものですが、それ以外のケースはなかなか厳しいです。日本に居住していると言う事が条件となっていて、外国人は国外、自分の国に戻る可能性もあるからです。そのため、日本に近親者や知っている方がいる方が融資できる可能性も少しはあります。また、言語も重要になってきます。

 

英語や中国語といって誰もが知る言語であれば問題ありませんが、少数民族しか使用していない言語であると審査や申し込みの段階で通じない事が多いです。通訳を連れてくるとしても、そこまでのサービスを全ての消費者金融会社がやっているとは限りません。やはり、コミュニケーションが成立しないと対応が困難となるというのは、言うまでもないでしょう。

 

ここで外国人への融資は絶対無理と諦めてもいけません。外国人でも融資を行っている消費者金融会社は存在しているようです。ある事にはありますが、簡単に借りられるとは言い難いようです。外国人の対応については消費者金融会社も対応のマニュアルがしっかりとしている事があり、多くの外国人への融資している実績があるところの方が安心できますし、確実にキャッシングできそうです。とにかく外国人が一人で日本でキャッシングをするという事は困難であり、近親者、知り合いがいたほうが若干可能性が高まると認識しましょう。

 

まとめ
  • 永住権が無い外国人は、融資を受ける事はほぼ無理である
  • 日本語の語学力も必要になり、コミュニケーションが成立しないと厳しい。
  • 保証人になってくれる人がいたほうが可能性が高まる

 

保証人を準備出来る場合には、対応可能なローンもあります。その場合はキャッシングにこだわらなくても良いかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日