受付自体は24時間可能

キャッシング業者の広告で、「365日24時間受付可能」という表現を見ることがありますが、これは24時間振り込みが可能という意味ではありません。

 

まず銀行の営業時間があります。この時間内に審査に通り、契約が成立しないと本日中の振り込みには間に合いません。夜中など、時間外に融資を受けたいは銀行振り込みでの借り入れは難しく、金融業者のATMやコンビニにあるATMを利用することになります。ですがそれは契約をした後の話です。契約時の審査は夜間には行っていません。

 

契約の受付時間は

申し込み自体は24時間可能な金融業者が多いです。大手の業者ではホームページ上から申し込みができるところも多く、店頭の窓口や自動契約機まで行かなくても契約が可能です。また必要な書類も画像ファイルを添付するような方法で提出できますので、ネット上だけ契約ができます。

 

ですが、申し込み時には必ず審査があります。他からの借り入れがある場合や融資希望額によっては審査に時間が掛かることがあります。また、審査を行っている時間というものがあります。この時間を過ぎた場合、審査自体が翌日に回されてしまいます。

 

そうなると、即日融資は難しいです。本日中に融資を受けたい場合、この審査を行っている時間内に申し込みをしてください。審査は1〜2時間掛かることがありますので、それを見込んで早めの時間に申し込みを完了させる必要があります。

 

この審査が銀行の営業時間内に終わり、無事に契約できた場合は即日銀行振り込みでの融資を受けることができます。銀行の営業時間は15時までなので、銀行振り込みによる即日融資を希望する場合、審査を行っている時間の前に、銀行の営業時間内にそれが終わらないといけません。

 

間に合わなかった場合は?

審査がその日の営業時間中に終わらなかった場合も、翌日の処理に回されてしまいます。融資が行われるのも当然翌日になってしまいます。夜中にホームページから申し込みをしたような場合も、翌営業日の審査になります。お金が必要になる日が事前に分かっている場合、その前日に申し込みをしておくことでその日に融資を受けられる可能性が高くなります。

 

即日融資を受けたい場合、早めに申し込みをすることが大切です。出来れば午前中に済ませることで、審査に何も問題が無く銀行の営業時間中に終了すれば、その日のうちに銀行振り込みでの融資を受けることができます。審査はその日のうちに終了してもそれが銀行の営業時間を過ぎていた場合、振り込み処理は翌日の朝になってしまいます。

 

この場合は審査の終了を確認した後、自動契約機を使用することで即日融資が可能です。契約をした後はATMで24時間キャッシングができます。どうしてもその日のうちにお金が必要な場合は自動契約機を利用しましょう。

 

受付と融資可能は別です

このように、365日24時間受付可能と書かれていてもそれはあくまで申し込めが出来るというだけで、融資が可能だという意味ではありません。間違えないようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日