無利息期間のある理由

お金を借りる際に必ずかかってくる費用が金利手数料です。いわゆる利息というもので借りるお金に対して最大で20%もの年利がかかってきます。この利息が安ければ安いほど利用者としては嬉しいわけです。

 

業者としても沢山利用して欲しいわけですからコストを削減して利息はなるべく安くしようと努力しています。そんな中キャンペーンで利息0を打ち出している業者もいくつか登場してきました。利息0キャンペーンはキャッシングを利用する際の利息をなくし、借りたお金をそのまま返せば良いというものです。これではキャッシングを提供する業者はまったく利益が出ないどころか返済してもらえないリスクだけを負うことになります。ではなぜこのようなキャンペーンを行うのでしょうか?

 

実は現在消費者金融では各社あまり差をつけられない状態となっています。そこで新規の利用者を取り入れるための努力、あるいは既存顧客が離れない用にするための努力としてキャンペーンを行っているのです。

 

返済の負担が楽になる!無利息期間サービス!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

無利息になる条件

もちろん何の条件もなく毎回利息を0にしてくれるわけではありません。具体的には2つのパターンが存在していて条件に当てはまる人のみ利息を0にしてくれます。

 

初回利用のサービス

要するに新規顧客を囲い込むためのキャンペーンです。これによってキャッシング初心者が利用しやすくする事が目的です。大抵の場合は30日無利子という場合が多いようです。

 

利用年数に応じた特典

長期的に利用してくれる顧客に対してのサービスです。各業者あまり差がなく乗り換えされる可能性があります。そこで顧客に長く使ってもらうために一時的に無利子にするような特典をつけるわけです。こちらの場合は条件によっては30日以上の長期にわたって特典を受けられる場合もあります。長期間キャッシングを利用する場合はこうした特典についても調べておくと良いでしょう。

 

また、この2つの特典の両方がある業者も存在しています。もちろんこうした特典だけで利用するサービスを決めていいわけではありませんが、ほぼ同じような条件であれば特典の有無で決めてしまっても良いでしょう。自分がどのようなプランでお金を借りるのかによって最適な業者は変わってきますから、しっかりと情報を集めて比較していきましょう。

 

  • 無利息の期間や条件は業者によって異なる
  • 大抵の場合は30日無利息サービスだがもっと長期のサービスもある

 

まとめ

現在のキャッシング業界は年利が横ばい状態です。そのため顧客獲得競争のため様々なサービスを展開しています。

 

お得なサービスを上手に使っていきましょう。とは言え本来はお金を借りない事が一番ですから、キャッシングを利用しなくて済むように計画的にお金を使うようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日