銀行系が提供するキャッシングに異なる点があるの?

もともとキャッシングは、キャッシング用カードやクレジットカードなどを使って、限度額の枠内で借入返済を銀行の指定口座を通しておこなうものです。

 

現在は窓口や銀行内に設置されているATMだけでなく、提携さえしてあればコンビニのATMを通しても借入返済ができるようになっており、また分割での返済もできるのがキャッシングの魅力となっています。キャッシングは大きく分けると銀行系、消費者金融系、その他カード会社系に分類でき、各系統でちょっとずつ傾向などが異なっているようです。

 

すぐに結果がわかるお試し審査!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

 

銀行系キャッシングの特徴は?

銀行系のキャッシングはバッグに銀行が控えていることにより、他の系統のキャッシングよりさまざまな利点が存在する一方、当然欠点も存在します。銀行系キャッシングの主要な利点としては次の2つを挙げることができるでしょう。

 

金利が他の系統のキャッシングより低めになっていること

消費者金融系や信販系のキャッシングは銀行などの金融機関からお金を借り入れてそれを元手にキャッシングを運営していますから金利が高めになります。

 

しかし銀行系の場合は、自分のところのお金でキャッシングを運営していますので、当然その分金利を低めに抑えることができるのです。

 

信頼感とこれまでのノウハウの蓄積が生みだす即応力と対応力

銀行自体がキャッシングを運営しているので、法に反するようなことをする可能性が低いし、銀行への信用がそのまま銀行系キャッシングへの信頼感を作りだしています。また銀行ですので、これまでの歴史の中で数々のノウハウを蓄積しており、それが即応力、対応力として現れ、キャッシング初心者がこぞって利用する理由となっています。

 

しかしその一方、銀行系キャッシングは『審査が厳格』ということが欠点とされています。銀行系キャッシングは低い金利で貸し出しをするため、貸し倒れを極力少なくする必要があります。そのため、審査を他の系統のキャッシングより厳し目にしているのです。ですので虚偽の申告などをしないように細心の注意を図りましょう。

 

キャッシング会社を選択する際、銀行系をチョイスするのはベターである一方、審査で落ちてしまうリスクが付きまといます。そのため落ちて元々、審査を通ったらラッキーという気持ちが大事になってくるでしょう。それだったら簡単に審査が通るキャッシング会社を選ぶという方もおられるでしょうけど、後々トラブルにならないように気を付けてください。

 

  • キャッシング会社の系統によって利点と欠点がある!
  • 人気を集める銀行系キャッシングにも欠点は存在する!
  • 借りる前にしっかり比較対象して自分に合った会社から借りるべき!

 

終わりに

CMをバンバン流している銀行系のカードローンにも実際には欠点が存在し、場合によっては消費者金融より劣るところもあります。そのため先入観に囚われること無く、各系統の特色を理解した上で、借り入れをするようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日